平成26年度 九州大学マス・フォア・インダストリ研究所 共同利用研究集会
シンポジウム「デジタル映像表現のための数理的手法(MEIS2014)」

MEIS2014 は、参加された皆さま、ご講演いただいた方々、ご支援いただいたスポンサー各位のおかげで、盛況のうちに終了することができました.
どうもありがとうございました.

なお来年も、CGと数学の より一層の相互作用と発展を目指して、MEIS2015を開催いたします.論文の募集要領や招待講演者などの情報は、このサイトでお知らせいたします.
皆さまのご参加をお待ちしています.

安生健一・落合啓之
MEIS2014 コンファレンス コチェアー


開催概要

日時:2014年11月12日(水)〜14日(金)
場所:九州大学西新プラザ
参加費:無料(懇親会は会費制) * 参加登録要


コンピュータグラフィックス(CG)に代表されるデジタル映像表現に関する数理的手法の重要性と期待は急速に高まっています.

2013年10月に開催したシンポジウム「デジタル映像表現のための数理的手法(MEIS2013)」では、世界的に活躍する国内外の数学者、CG研究者、約70名が集まりました.MEIS2013では、現在も最も難しいとされる人間や流体のCG表現に特化し、数理モデルから産業応用に至るさまざまな講演を通して、参加者の相互交流と今後の研究の方向性について実りある議論ができました.

MEIS2014では、数学者とCG研究者間の本格的な議論の場という前回からの特性を保持しつつ、前回は主にCGを「作る」上での数理的問題をとりあげましたが、今回はさらにCGを「使う」上での数理的問題についても議論していきます.デジタルエンターテイメントからサイエンティフィックビジュアリゼーションまで、多様化するCG応用分野で活躍される方々をお招きしつつ、CGに関する理論から実用までを多角的な視野で捉え、将来の研究のあるべき姿を描く場となることでしょう.

主催・共催

IMIMCGCRESTCoopMath

連絡先

運営事務局 (株式会社オー・エル・エム・デジタル)
mailadress